遺産分割でトラブルが予想される状況と対処法

遺産分割によるトラブルは年々増加傾向にあります。

それだけ財産を残せる人が増えたことの表れかもしれません。

実は、財産が1億円を超える家庭のほうがトラブルが起きにくいとされています。

これは、財産が多いことから事前に準備をしているからでしょう。

逆に5,000万円以下の遺産による相続トラブルが増加しています。

まずは、遺産分割でトラブルが起きやすい状況を知っておきましょう。

また、それに対する対処法を解説します。

遺産分割でトラブルが予想される状況

どんなに仲が良かった家族でも、何千万の遺産を目の前にすると性格が変わるかもしれません。

「お金は人を狂わす」とはよく言ったのもです。

残す人が何の対策もしていなければ、トラブルが起きる可能性が非常に高くなることでしょう。

まずは良くトラブルが起きる状況についてご紹介いたします。

不公平な遺言

遺言書が残っているにもかかわらず起きる分割トラブルは、不公平な内容の遺言です。

3人兄弟で兄に全てを相続させると言った内容ならば、2人の兄弟が納得するわけがありません。

また、愛人に全てを相続させると言った内容であれば、法定相続人全員が怒りを露わにすることでしょう。

このような不公平な遺言では、トラブルが起きて当然です。

しかし、遺言書は何よりも優先されることから、裁判所で認められれば太刀打ちできません。

ここは遺留分の請求をする選択が正しいと言えるでしょう。

まずは弁護士に相談してください。

子供がいない

子供がいない夫婦の場合、遺産分割の話し合いは義父母とします。

配偶者と義父母による遺産分割協議は、お互いがやりにくいと感じるぐらいがちょうどいいです。

それは、相手に気を使っているから起きる感情、もしどちらか一方が遺産に強い執念を抱いた場合、トラブルも起きやすくなることでしょう。

息子が残した財産を、赤の他人である女に渡したくないと考える人もいます。

子供がい流場合、義父母は相続人になることができません。

言い方はキツイですが、義父母は他人です。トラブルになる可能性は極めて高いと言えます。

公平な分割ができない

遺産に不動産が含まれていると、公平な分割ができなくなります。

不動産を売り、現金にすることで公平な分割をすることが可能ですが、売れない場合もあります。

たとえ遺言書が残されていても、遺留分請求でトラブルが発生することもあります。

前妻との子供や認知された隠し子の存在

故人に子どもや認知された隠し子がいた場合、遺産分割トラブルが起きる可能性が高まります。

特に隠し子は、感情的になる事案です。裏切られたと思い、冷静な判断ができなくなるかもしれません。

故人の介護が相続人の1人に集中した

兄弟が3人いれば、それぞれが平等な相続割合となりますが、これまでの状況から納得ができないという人も出てきます。

故人の介護や、家族のために自由を制限されたなどの主張を持つ人がいれば、遺産分割トラブルが発生することでしょう。

法的には「寄与分」と言い、確かに第三者的に見れば主張も納得できるかもしれません。

しかし、この寄与分には決まりがなく金額で表すことのできない難しいことと言えます。

ほかの相続人が認めなければ、割合は変更されず法的相続分どおりの分割となります。

感情的になってしまうと、トラブルを招きやすく、兄弟の仲を引き裂いてしまいます。

遺産分割でトラブルが予想される時の対処法

トラブルが起きやすい状況の対処法として考えられるのは、次の2つの方法です。

  • 遺産放棄をして面倒なトラブルを回避
  • 弁護士に相談をし法律の観点から解決する

遺言書の作成を生前に頼んでおけばトラブルを回避できたかもしれませんが、まさに後の祭りです。今更言っても仕方ありません。

また、遺言書が残されていたとしてもトラブルは起きます。

相続放棄をするにしても一度、弁護士に相談してみましょう。

相続放棄が必ずしも面倒なトラブルから解放される方法とは限りません。

相続人全員が相続放棄をすると、面倒なことに巻き込まれる可能性があります。

特に不動産が絡んだ相続の場合、まずは弁護士に相談するべきです。

トラブルを回避できない状況でも、早期解決に動いてくれます。

故人のためにも、トラブルを長引かせない努力をしてください。

公開日: