遺産分割協議とは?目的と必要となるケースを解説

遺産分割協議書を聞いたことがありますか?

親族が亡くなられたことで、相続が複数人に及ぶ場合、遺言書がなければ遺産分割協議書を作成し保存する必要が出てきます。

後々に遺恨を残さないためにも、遺産分割協議書の作成は必須です。

今回は、遺産分割協議書の目的と、必要となるケースについて解説していきます。

遺産分割協議書とは?

遺産分割協議書とは、遺産分割協議で話し合った結果、決まった内容を書面として記しておくものです。

被相続人が遺言書を残していれば内容に従い相続しますが、残されていない場合は、法定相続人がその割合に応じて相続します。

ただし遺産はすべてを均等に分けられるものとは限りません。

被相続人が事業をされていた場合、分配をすること事態が難しくなることでしょう。

そのため遺産分割協議を開き、法定相続人全員で話し合いを行う必要があるのです。

そして遺産額が高額になると、遺産分割協議が長期にわたる可能性もあります。

話がまとまらなければ、残された不動産などの処分もできません。

自分の相続分のみを切り売りすることは難しく、買い手もつかなくなり、その間の税金は相続人が支払うことになります。

早急に話し合いの結果を出すためにも遺産分割協議を行う際は、弁護士に依頼をすることがおすすめです。

遺産分割協議書もあわせて作成してもらいましょう。

遺産分割協議書の目的

なぜ、遺産分割協議書を作成する必要があるのでしょうか。

その目的を確認しておきましょう。

トラブル防止

遺産分割協議は遺産額が高額になることで、もめることが多々あります。

そのため、遺産分割協議事態がなかなかまとまらないかもしれません。

遺産分割協議で渋々同意する人もいることでしょう。

そのような状態で口約束だけにとどめるのは、トラブルの元になりかねません。

言った言わないともめ事が起きる可能性が非常に高くなります。

また遺産分割協議書には、相続人全員の署名押印が必要になります。

後のトラブルになるような発言を防ぐため、遺産分割協議で合意した正確な内容と結果を遺産分割協議書に残しておきます。

これにより、自分が正当な権利者と対外的に認めさせることも可能となり、対外的なトラブル防止にも役立ちます。

手続きを行える

先ほど対外的に認められると説明しましたが、これは不動産の登記変更や被相続人名義の預貯金通帳の払い戻しができるようになるといった意味です。

これらの手続きを進める際には、必ず遺産分割協議書の提出を求められます。

遺産分割協議書がなければ、遺産の処分を行うことができません。

遺産分割協議書の作成が必要な理由は、遺産の処分や名義変更を行うためです。

遺産分割協議書が必要となるケース

遺産分割協議書の目的を踏まえた上で、必要となるケースを確認しましょう。

もし状況が当てはまる方は、必ず作成してください。

トラブルが予想される

兄弟で相続をする場合でも、相続に関するトラブルは起こり得ます。

仲の良かった兄弟が争うことは、相続が絡めば珍しくありません。

後のトラブルが予想される状況の場合には、必ず遺産分割協議書を作成しておきましょう。

醜い争いが長引く状況は、故人も浮かばれません。

遺産に不動産がある場合

遺産に不動産が含まれる場合は、相続登記手続きを行う際に、遺産分割協議書が必要になります。

不動産を法的相続分で分ける際には必要ありませんが、その場合、相続人の一人のみでも登記することができてしまいます。

結果、権利書が誰か一人の手に渡り、良からぬことを考えるかもしれません。

トラブルを起こさないためにも、不動産がある場合には、遺産分割協議書を作成しておきましょう。

預金口座が多くある

故人が多くの預金口座を所有されていた場合、遺産分割協議書があると手続きがスムーズになります。

ない場合では、その都度所定の用紙に全員の署名押印が必要となるケースがほとんどです。

効率を良くするためにも、預金口座が多くある場合は、遺産分割協議書を作成しておきましょう。

早急に遺産分割協議書を作成するのであれば弁護士へ依頼

遺産分割協議を早急にまとめて、遺産分割協議書を作成しなければ無駄な税金を納めることにもなりかねません。

ただ、相続人の人数が増えて遺産も高額になると協議も揉めることでしょう。

そのような状況になってしまった場合、早急に相続に強い弁護士へ依頼を行う必要があります。

今あるトラブルを解決し、後々もトラブルを起こさないようにするためにも、弁護士へ相談してください。

公開日: